会長方針

会長 徳田 裕也

2019年度スローガン

 

Lets Think YEG

 

共歩で生み出す新たな一歩

 

会長 徳田 裕也

 

はじめに

 

2019年、日本は平成から新しい元号の時代へとバトンをつなぐ節目の一年となります。消費税率の引き上げや、各地で起こる様々な自然災害といった暮らしへの不安の中、我々白山YEGの活動こそが安定した地域経済を支える礎となり、この地で生活する人々の幸せを守る事に繋がります。白山YEGの存在意義を考える事は、白山市の明るい未来の姿を考えることに他なりません。

 

今年度の活動において、新たに取り組む事業はもちろんのこと、継続しているものに関しても、各事業が持つ本来の意義を、メンバー一人ひとりが「深く考え、正しく理解し、自らの意志を持ち、一歩を踏み出す」ことを大切にしたいと考えます。明るい未来を考えた時に、なぜYEGが必要なのか、なぜ地域経済の発展が大切なのか。あるべき白山YEGの姿、持つべき青年経済人としての誇りを今一度、同じ時代を生きていく我々の視点から見つめ直し、共に歩みたいとの想いから、今年度のスローガンを「Lets Think YEG 共歩で生み出す新たな一歩」と掲げます。YEG活動の価値を自らの心に響くものとして各々が見出すことで、新たな時代をここから創り出すという想いをお互いが共有し歩んで参ります。

 

 

魅力ある企業の発信

 

地域の暮らしを支える礎として、雇用と経済の安定を図る為、平成30年度に立ち上げました就職支援サイト「白山市で働こう」について、今年度は更なる磨きをかけるため、まずは利用する企業にとって、また我々の地域にとって最も有効にはたらく為の環境を整えていきます。この地域に存在する多くの優良企業と、新たな一歩を踏み出そうとする良い人材とが、より有益に繋がることのできるツールとしての活用を実現すべく改善を重ね、継続的な人材の確保と企業の能力UPに繋がる活動を行っていきます。

 

 

スポーツで地域活性

 

 近年のスポーツ人口増加に伴い、白山市の魅力向上と、地域の発展に繋がるスポーツ事業を考えていきます。目立った観光地が少ない地域だからこそ、足を運んでもらう事で得られる効果を考えることは重要です。この地を体感してもらう事で、地域の魅力を新たに認識し、そこから地域が活性化するというきっかけを創り出します。まずは今年度、調査・視察・企画検討から着手し、スポーツを通じての地域活性に繋げる一歩を踏み出します。また、働き盛りの青年経済人にとっての健康経営にも寄与していきます。自らが健康を維持し、企業活動を続けていくことは我々の責務であり使命です。まずはYEGメンバーがそのモデルとなるような活動を推進していきます。

 

 

みらい創造

 

白山市の近未来を想像した時、他地域からも注目される様な賑わいを創出することが人を集め更なる波及効果をもたらすと考え、我々は平成29年度に、白山市を次代に繋げていく責任のもと、「鉄道のまち白山」を活用した賑わい創出について取りまとめ、白山市へ提言しました。地域で活躍する青年経済人の生き生きとした声を行政へ届けることは大変意義のあることで、今年度は、将来世代のために我々がやるべき一歩として、その提言内容の中で、白山YEGが率先して進めるべきことについて検証し、具体的な活動を見据え、その先の実現に向かって歩を進めます。

時間的価値と意義の共有

 

我々に与えられている時間には限りがあります。「時は金なり」ということわざの通り、時間を無駄に費やすことは出来ません。少しでも自分に、そして地域社会の為になる使い方が必要です。私はメンバーと共に、YEG活動における時間的価値を高めていきたいと考えています。活動の基本となる定例会を中心に、その意義の共有をはかっていくことで、諸会議・諸事業へのメンバーの能動的な参加を目指していきます。また、YEG活動を地域内外はもとより、メンバーへもしっかりと発信することが、新たな一歩を生み出す事に繋がると考え、継続的に行っていきます。

 

 

出会いは一度 絆は一生

 

会員相互の交流は、YEG組織にとって重きをおく活動です。そこで得られる仲間や情報はメンバーにとって価値の高いものとなります。しかし、活動に参加しないと交流は生まれません。委員会をはじめ、定例会や諸事業への積極的な参加促進に繋げるとともに、しっかり絆を深められる交流会を開催していきます。また今年度は10名のメンバーが卒業されます。大変多くの方が白山YEGから新たなステージへの一歩を踏み出します。これまでの感謝を込めて、卒業生全員参加で、心に残る盛大な卒業祝賀会を開催します。

 

 

サマーフェスティバルHAKUSAN

 

白山YEGが主体的に参画し多くの方々と協力しながら、地域の活性化に積極的に取り組む活動に「サマーフェスティバルHAKUSAN」があります。

 サマーフェスティバルHAKUSAN2019では、これまでの事業内容を検証しつつ、来場者の満足度UPを図り、進化を遂げられるよう計画的な事業活動を進めていきます。

 

 

ALL白山青年サミット

 

ALL白山青年サミットは、発足から4年目を迎えます。昨年は「地域を盛り上げよう!」をテーマに、美川地区をフューチャーし魅力発信に努めました。各青年団体が白山市という括りの中での共同体として、更なる親交を深めると共に、それぞれの地域だけでなく白山市全体の活性化に繋がるよう積極的に取り組んで参ります。

 

 

石川県連

 

今年度は白山YEGより県連会長を輩出します。これまで以上に県連との連携が密となるとともに、他の単会との交流も増え、白山YEGを対外的に発信する絶好の機会となります。またメンバーが広域での活動に視野を向ける事で、新たな刺激を受け、我々の活動にフィードバックすることにより、今後の白山YEGにとっての飛躍の一歩となることも期待します。

 

 

むすびに

 

潤いのある生活や、幸福感のある暮らしを実感するためには、地域及び企業の発展は不可欠です。「守りたいものは、我々の力で守る」時代が変わる今、未来に向けて我々がすべきことを考え、あるべき白山YEGの姿を想い描き、現実のものとすべく、メンバーと共歩で生み出す新たな一歩を踏み出し活動していきます。私を育ててくれた地域への恩返し、また自身の更なる成長の為に、感謝と誇りを胸に誠心誠意取り組んで参ります。

 

 

企業向上委員会

1.「白山市で働こう」活用の為の調査、視察、企画検討

2.講師例会の開催

3.新入会員の加入促進

4.例会、総会、卒業式の参加促進

5.日本YEG、北陸信越ブロック、県連の各種大会参加促進

 

スポーツ事業委員会

 1.スポーツ事業開催の為の調査、視察、企画検討

2.講師例会の開催

3.新入会員の加入促進

4.例会、総会、卒業式の参加促進

5.日本YEG、北陸信越ブロック、県連の各種大会参加促進 

地域政策委員会

 1.提言実現の為の調査、視察、企画検討

2.講師例会の開催

3.新入会員の加入促進

4.例会、総会、卒業式の参加促進

5.日本YEG、北陸信越ブロック、県連の各種大会参加促進

 

総務交流委員会 

1.総会の企画運営

2.会員交流会の企画運営

3.OB会との交流会の企画運営

4.卒業式、卒業祝賀会の企画運営

5.会員手帳の発行

6.ホームページ、SNSの活用

7.新入会員の加入促進

8.例会、総会、卒業式の参加促進

9.日本YEG、北陸信越ブロック、県連の各種大会参加促進

 

 


お問い合わせ

【白山YEG事務局】

  白山商工会議所内

 TEL: 076-276-3811

 FAX: 076-276-3812

(営業時間)

 8:30 ~ 17:15 (月~金)