会長方針

会長 徳田 裕也

2020年度スローガン

Let’s do it

YEG流のカタチ

 

 

会長 徳田 裕也

 

 

 

 

【 はじめに 】

 

2020年、我々は多くの期待を込めてスタートを迎えました。今日の日本で生きる人々が未来への希望を抱く一方で、各地で相次ぐ自然災害に加え、世界的規模での新型コロナウイルス感染拡大、またそれにより引き起こる経済情勢の変化により、これまで感じたことのない不安を抱えている状況もまた紛れもない事実です。そんな中において白山YEGの活動は、信頼できる生活の基盤となる地域経済の礎を築き、地域からの期待を牽引し続ける存在でなくてはなりません。昨年度、メンバー一人ひとりが「深く考え、正しく理解し、自らの意志を持ち、一歩を踏み出す」ことに重きを置き活動した想いを、今年度は意志あるカタチに変える時です。“think”から“do”への進化に表されるように、我々がやるべきこと、今の白山YEGだから成せることを、各々の考えと行動でカタチ創っていくことで、新しい風が起き、白山YEGが創り出す時流となります。各事業における活動の全てに、この地域に合った時流をつくる誇りと責任があり、それらを余すことなく地域経済の発展へと繋いでいく為、メンバー一丸となり行動して参ります。

 

 

 

【 企業の明るいみらいへ 】

 

この地域の青年経済人が集う白山YEGにとって、これから先の企業における経済的発展を考えていくことに大切な責務があります。持続的な企業の発展には、この地域企業で活躍する人材が必要不可欠です。それを叶えるにあたり重要となるのは人材採用の入口だと考えます。昨年度は、人材採用問題について先進事例の調査・視察をはじめ、今の我々にできることを考えました。今年度は、その調査を踏まえ本会を通じて行政へ、この地域に特化したカタチでの就職支援について要望活動を行っていきます。明るい未来に繋がる事が期待できるこうしたアクションは、YEG活動における大きなモチベーションにもなっていきます。我々の活動が地域企業にとって有益なものとなる大目的を果たす為の時流をつくり、継続的な人材の確保と企業の発展に繋げていきます。その事により「住みよさランキング2019」で全国一位となった白山市の魅力が更に高まり、より豊かに暮らせるまちへ発展させていきます。

 

 

 

【 スポーツで地域活性 】

 

スポーツを通じて地域が活性化する為の第一歩として、昨年度は“think”となる調査や企画検討を重ねてきました。自国開催のラグビーワールドカップを通じて今まで気づかなかったスポーツが創り出す様々な魅力のカタチ、そして自身の健康維持のために継続的な運動が大切だと多くのメンバーが認識しました。今年度、オリンピック・パラリンピックを後に控え、スポーツに対する世間の関心が高まるこのタイミングで、白山YEGが行政と共に「(仮称)いいとこ白山スポーツプロジェクト2020」を開催することで、スポーツを通じて地域の発展に繋がる時流を生みだし、地域の活性化とスポーツの推進に寄与していく活動を行っていきます。さらに、白山市が本来持つ地域の特色を活かし、スポーツから明るい地域社会・地域経済に繋げていくために、本会を通じて行政へ政策提言書を提出いたします。この地域が、賑わいある未来に向けた歩みを進められるよう、新たな風土を創造し、我々の想いを届けていきます。

 

【 鉄道のまち 】

 

賑わいのある地域の未来を創造すべく、平成29年度に本会を通じて白山市へ提言した「鉄道のまち白山」ですが、行政をはじめ色々な方面でも、鉄道を活用し地域の活性化に繋げようとする動きが見えてきています。そのことにより白山市のイメージとして世間への認識が広がり、様々な場面でカタチとなってきています。この事は、我々白山YEGの活動の価値が社会から認められることでもあり、我々の存在意義としても大きな自信に変わります。他地域からも集まる人により、白山市の活力を創りだす目的からスタートした動きが、誇るべき時流へと進化を遂げ、今年度は行政やJR西日本とタッグを組み「鉄道のまち白山」を地域内外に強く発信できる事業を展開し、住みよいまちというプラスのイメージと共に、特色ある魅力を創っていきます。

 

 

 

【 時間的価値を高めよう 】

 

YEGとして活動する時間は、自分の未来、自企業の未来、そして白山YEGの未来を創っています。その未来の姿には、何より自身の信用が不可欠であり、我々は自らの行動によって信用を稼ぎ、それが個人としての成長や企業の発展、ひいては商売繁栄へと繋がっていきます。今年度もYEG活動に参加することにより生まれる会員相互の時間的価値を高めると共に、定例会をはじめとする、諸会議・諸事業への能動的な参加を目指していきます。また、YEG活動の意義を高め、これから先の時流を共に創る会員相互の交流を深める活動をしていきます。そして今年度、白山YEG卒業を迎えるメンバーに向け、これまでの感謝を込めて卒業生全員参加による、心に残る卒業祝賀会を開催いたします。

 

 

 

【 30年 歴史となる 】

 

白山YEGは記念すべき創立30周年の節目を迎えます。これまで先輩諸氏が継承し続け、築きあげられてきた過去は、尊く誇らしい我々の歴史となります。時代は令和となり、ここからは今集う一人ひとりが、これまでとは違う新たな時流をつくる時です。新時代の道標に向け30周年記念式典・祝賀会を盛大に開催し、我々だからこそ出来る事を、この地域の青年世代として先頭に立ち、カタチにしていくことで、これから先の明るい未来への礎をまたひとつ積み重ねていきます。

 

 

 

【 サマーフェスティバルHAKUSAN 】

 

地域の方々から年々親しまれてきている「サマーフェスティバルHAKUSAN」では、来場いただく方へ更なる充実感を提供する為に、我々の力で何が出来るかを考え活動していきます。これまで積み重ねてきた経験から踏襲をし、習い得たものを最大限に生かし、より多くの方から愛されるイベントにしていく為にも、係わる方々と協力しながら取り組んで参ります。

 

 

 

【 ALL白山青年サミット 】

 

今年度で、発足から5年目を迎えますALL白山青年サミットにおいて、各青年団体がひとつの目的の為に集まり力を合わせ活動する事の大切さを、今一度念頭に置き活動していきます。同じ時代にそれぞれの地域の為に汗をかき時流を生みだしている多くの青年達が、一体となって交わり取り組んでいく事で、白山市全体の未来へ欠かすことの出来ない大きな力となる様、活動していきます。

 

 

 

【 むすびに 】

 

 意志をカタチに変えることが出来るのは、目的や想いを正しく理解し、行動に変えられる力がある者です。我々白山YEGには、それを可能なものとする歴史と多彩な人材、何より地域を輝かせたいと願う強い気持ちがあります。一人ひとりが意志を持ち一歩を進み出している今、成し遂げるチームの力はこれからの時流となります。我々が地域で必要とされる存在意義を今一度確かめ、カタチとする事で、豊かな未来の地域経済を支えていきます。

 

 

 

企業みらい委員会(案)

 

1)地域に特化した就職支援の要望活動、要望提案書の作成・提出

 

2)県連会員大会白山大会の運営支援

 

3)各委員会事業の支援

 

4)30周年記念式典・祝賀会の企画運営

 

5)新入会員の加入促進

 

6)定例会、総会、卒業式の参加促進

 

7)日本YEG、北陸信越ブロック、県連各種大会の参加促進

 

 

 

スポーツ事業委員会(案)

 

  1. 「(仮称)いいとこ白山スポーツプロジェクト2020」の開催

  2. 未来を見据えたスポーツ事業の政策提言書の作成・提出

  3. 県連会員大会白山大会の運営支援

  4. 各委員会事業の支援

  5. 30周年記念式典・祝賀会の企画運営

  6. 新入会員の加入促進

  7. 定例会、総会、卒業式の参加促進

  8. 日本YEG、北陸信越ブロック、県連各種大会の参加促進

     

    「鉄道のまち白山」推進委員会(案)

    1)「鉄道のまち白山」事業の開催

    2)県連会員大会白山大会の運営支援

    3)各委員会事業の支援

    4)30周年記念式典・祝賀会の企画運営

    5)新入会員の加入促進

    6)定例会、総会、卒業式の参加促進

    7)日本YEG、北陸信越ブロック、県連各種大会の参加促進

     

    総務交流委員会(案)

 

  1. 総会の企画運営

  2. 会員交流会の企画運営

  3. OB会との交流会の企画運営

  4. 卒業式、卒業祝賀会の企画運営

  5. 会員手帳の発行

  6. 広報活動

  7. 県連会員大会白山大会の運営支援

  8. 各委員会事業の支援

  9. 30周年記念式典・祝賀会の企画運営

  10. 新入会員の加入促進

  11. 定例会、総会、卒業式の参加促進

  12. 日本YEG、北陸信越ブロック、県連各種大会の参加促進・登録とりまとめ

     

     

 


お問い合わせ

【白山YEG事務局】

  白山商工会議所内

 TEL: 076-276-3811

 FAX: 076-276-3812

(営業時間)

 8:30 ~ 17:15 (月~金)